MENU CART {{currentCart.getItemCount()}}
KATO 3093-3 Electric Locomotive EF61 Brown

KATO 3093-3 Electric Locomotive EF61 Brown

NT$2,160
{{shoplineProductReview.avg_score}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{shoplineProductReview.total}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
{{amazonProductReview.avg_rating}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{amazonProductReview.total_comment_count}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
Quantity Product set quantity
Add to Wishlist
The maximum quantity per submit is 99999
This quantity is invalid, please enter a valid quantity.
Sold Out

Not enough stock.
Your item was not added to your cart.

Not enough stock.
Please adjust your quantity.

Limit {{ product.max_order_quantity }} per order.

Only {{ quantityOfStock }} item(s) left.

Please message the shop owner for order details.
Add to Wishlist

Description

KATO 3093-3 電氣機關車 EF61 (茶色)


EF61 (茶) 

EF61は昭和36(1961)に落成した旅客用の直流形電気機関車で、暖房用の蒸気発生装置(SG)と水・燃料タンクを搭載しているため、EF60EF65に比べて車体長が長いことが最大の特徴です。新形直流電気機関車として唯一18両全車が茶色単色の塗装で落成した形式です。

昭和36(1961)の登場当初は宮原機関区に配置され、東京~岡山・広島間で急行列車や20系寝台特急の上り「あさかぜ」を牽引しましたが、昭和38(1963)EF60 500番台の登場により「あさかぜ」牽引の任を降り、以降は客車・荷物列車などの牽引を担いました。

のちに新性能直流機の標準塗色の青15号に塗り替えられました。山陽本線の荷物列車や貨物列車牽引などの運用が主となり、国鉄時代の東海道・山陽本線の輸送を支えた名バイプレイヤーでした。EF61同士や、EF58との重連で運用された荷物列車が有名です。

 

編成例


主な特長

EF61()

・宮原機関区所属、昭和37(1962)前後の形態をプロトタイプに茶色塗装のEF61モデル化。新性能電機では数少ない単灯ヘッドライトも的確に再現

・全軸ともスポーク式の輪心で再現

・茶色単色のスマートな外観を再現。前面窓下の手スリは銀色で再現

・パンタグラフはPS17、パンタシューはホーンパイプのない形状を再現

・前面ガラスはデフロスタ表現のない姿を再現

・避雷器はカバーなしのLA15

・各部Hゴムはグレーで表現

・クイックヘッドマーク対応

・スカートの解放テコ用のエアシリンダー、エアホース下の暖房用蒸気管を再現

・フライホイール付動力ユニット採用で安定した走行を実現

・アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属

・付属品:選択式ナンバープレート(4」「9」「11」「16)/メーカーズプレート(「川崎(49)」「東洋電機/汽車會社(1116))、交換用ナックルカプラー

Customer Reviews


{{'product.product_review.no_review' | translate}}

Related Products