MENU CART {{currentCart.getItemCount()}}
KATO 5127-1 客車 "オハ35" 茶色 普通型

KATO 5127-1 客車 "オハ35" 茶色 普通型

NT$420
{{shoplineProductReview.avg_score}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{shoplineProductReview.total}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
{{amazonProductReview.avg_rating}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{amazonProductReview.total_comment_count}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
Quantity
Add to Wishlist
The maximum quantity per submit is 99999
This quantity is invalid, please enter a valid quantity.
Sold Out

Not enough stock.
Your item was not added to your cart.

Not enough stock.
Please adjust your quantity.

Limit {{ product.max_order_quantity }} per order.

Only {{ quantityOfStock }} item(s) left.

Please message the shop owner for order details.
Add to Wishlist
  • Cash
  • Credit Card (Support Visa, Master, JCB overseas transaction)
  • Pay on Family Mart Store Pickup (C2C)
  • Pay on 7-11 Store Pickup (C2C)
  • Bank Transfer
  • pick up in official store
  • Family Mart Pickup and pay in store (C2C)
  • Family Mart Pickup only (C2C)
  • 7-11 Pickup and pay in store (C2C)
  • 7-11 Pickup only (C2C)
  • post office
  • Customized delivery (oversea only)

Description

KATO 5127-1 客車 "オハ35" 茶色 普通型


オハ35 茶 一般形

オハ35系は戦前の国鉄を代表するの客車形式のひとつで、実に2,000両以上が量産された、国内の客車では最多両数を誇る系列です。

昭和14年(1939)に折妻・丸屋根、1メートル幅の客室窓、TR23形台車、溶接を多用した構造で登場。戦前の生産は昭和17年(1942)に打ち切られましたが、戦後になって製造が再開されると、資材の入手難や工法の進化などの事情が重なって、戦後形と分類できるような独自の形態で登場しました。その特徴は折妻のまま丸屋根が直線化(当初は絞り込みあり)したもので、ちょうど一般形のオハ35系と後に登場する切妻のスハ43系の中間に位置する形態を備えていました。

台車も中途から平軸受のTR23形を国産のコロ軸受に改良したTR34形が採用されています。

運用的には一般形のオハ35系とまったく同様に使用されたので、その活躍範囲は全国の線区におよび、急行列車から普通列車まで、いたる所でその活躍を見ることができました。


オハニ36形は、昭和30年(1955)に登場した鋼体化客車オハニ63形が母体で、構造上はローカル線用に製造された オハ61系に属する車両です。しかし当初から優等列車に使用する目的で設計されたため、客室は急行列車用のスハ43系に準拠した造りになっています。当初装備していたTR11形台車が高速運転に向かないため、昭和31年(1956)よりTR52形台車への振り替えが行われ、オハニ36形式になりました。

活躍範囲は広く、急行列車から普通列車まで、全国の線区でその活躍を見ることができました。


編成例


主な特長

オハ35系 一般形

・旧形客車らしい、リベットを多用するがっしりとしたスタイルを忠実に再現

・今では懐かしいカラーリングとなった、国鉄旧一般形客車の標準塗色を美しく再現

・茶色は原形車両のイメージで木製ドア。ブルーは更新車両のイメージでHゴムのついた金属製ドアの形状を採用。

・緩急車(オハフ33、スハニ32、オハニ36)には、点灯式テールライトを標準装備(消灯スイッチ付)

・スハニ32、オハニ36は、荷客合造車特有の中形積み込みドア、荷物室部窓の格子(保護棒)を忠実に再現。

・全車両アーノルドカプラー標準装備


オハ35系 戦後形

・「きのこ、食パン」と形容された妻板をもつオハ35系戦後形の特徴を忠実に再現。

・今は懐かしいカラーリングとなった、国鉄旧一般形客車の標準塗色を美しく再現。

・茶色は原形車両のイメージで木製ドア。ブルーは更新車両のイメージでHゴムのついた金属製ドアの形状を採用。

・オハ35戦後形にはTR23台車(コロ軸受)をリアルに再現。

・オハフ33戦後形にはTR34台車を採用。

・緩急車(オハフ33)には、点灯式テールライトを標準装備

・単品

・テールライト点灯(消灯スイッチ付)オハフ33のみ

・付属部品 消灯スイッチ切替用ドライバー

・全車両アーノルドカプラー標準装備


別売対応オプション

LED室内灯クリア 品番:11-211 

LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 

LED室内灯クリア(電球色) 品番:11-213 

LED室内灯クリア(電球色)(6両分入) 品番:11-214 

KATOカプラーN(PAT.) 品番:11-702 

マグネマティックカプラー MT-10 品番:11-711 

KATOカプラーN (黒) アーノルドカプラー取付車 品番:11-702

KATOカプラーN JP A アーノルドカプラー取付車 品番:11-721

旧形客車用スポーク車輪(車軸長) 品番:11-609


Customer Reviews


{{'product.product_review.no_review' | translate}}

Related Products