MENU CART {{currentCart.getItemCount()}}
MICRO ACE A0326 特殊車輛 KI 908 除雪車

MICRO ACE A0326 特殊車輛 KI 908 除雪車

全館滿2000元免運 on order

NT$1,710
{{shoplineProductReview.avg_score}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{shoplineProductReview.total}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
{{amazonProductReview.avg_rating}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{amazonProductReview.total_comment_count}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
Quantity
Add to Wishlist
The maximum quantity per submit is 99999
This quantity is invalid, please enter a valid quantity.
Sold Out

Not enough stock.
Your item was not added to your cart.

Not enough stock.
Please adjust your quantity.

Limit {{ product.max_order_quantity }} per order.

Only {{ quantityOfStock }} item(s) left.

Please message the shop owner for order details.
Add to Wishlist

Description

MICRO ACE A0326 特殊車輛 KI 908 除雪車


キ908・マックレー式除雪車


【実車】

室内に蒸気機関を搭載し、車体前方の羽根車を回転させて取り込んだ線路の雪を遠方へ投げ飛ばすための車両がロータリー式除雪車です。日本の鉄道で初めてのロータリー式除雪車は1923(大正12)年にアメリカから輸入された2両のユキ300型で、細部が改良されて国産化されたグループを含めて合計16両が形式改称を経て1941(昭和16)年以降はキ600型として全国各地の豪雪地帯で活躍しました。

ラッセル車が押しのけた雪が線路両脇に積み重なると更なる除雪が行えなくなる豪雪地帯向けに投入されたのがマックレー(かき寄せ)式除雪車で、積雪を線路付近にかき寄せるための可動式の翼が車体後方両脇に設置されているのが特徴です。かき寄せた雪を遠方へ投げ飛ばすロータリー式除雪車とペアを組んで運用されました。

1928(昭和3)年に海外の技術を参考に試作されたキ500型をベースに翌年から量産されたキ550型がキ900型の前身で、1941(昭和16)年以降はキ900型と呼ばれて合計で20両が全国各地の豪雪地帯で活躍しました。


【商品概要】

マイクロエース事業車シリーズの更なる充実

除雪車2種を単品形式で発売します


【A0326】可動式かき寄せ翼

かき寄せ翼の付いたヤグラは前方に引き出し可能

かき寄せ翼は開閉可能

ヤグラを引き出し、キ608と連結するとキマロキ編成が再現可能

ヤグラ上部に屋根付き

黄帯が巻かれる前の姿

※走行には別途機関車が必要です


【編成例】

SL(D51,9600など) + キ908 + キ608(別売) + SL(D51,9600など) 

パッケージサイズ/重さ : 19.4 x 5.5 x 2.9 cm / 94g


Customer Reviews


{{'product.product_review.no_review' | translate}}

Related Products