MENU CART {{currentCart.getItemCount()}}
KATO 3060-3 電氣機關車 JR EF65-500 P型特急色

KATO 3060-3 電氣機關車 JR EF65-500 P型特急色

NT$2,130
{{shoplineProductReview.avg_score}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{shoplineProductReview.total}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
{{amazonProductReview.avg_rating}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{amazonProductReview.total_comment_count}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
Quantity
Add to Wishlist
The maximum quantity per submit is 99999
This quantity is invalid, please enter a valid quantity.
Sold Out

Not enough stock.
Your item was not added to your cart.

Not enough stock.
Please adjust your quantity.

Limit {{ product.max_order_quantity }} per order.

Only {{ quantityOfStock }} item(s) left.

Please message the shop owner for order details.
Add to Wishlist

Description

KATO 3060-3 電氣機關車 JR EF65-500 P型特急色

EF65 500番台

EF65 500番台は昭和39(1964)~昭和40(1965)にかけて、EF60をベースに当時の東海道本線の花形列車である20系寝台特急およびコキ10000系高速貨物列車牽引用として登場しました。旅客用はP形、貨物用はF形と称され装備が異なっているのが特徴です。また、旅客用の機関車が不足したことから、EF650番台から8両が改造編入されました。

編成例

編成例

主な特長

EF65 500番台 P形特急色(JR仕様)

1990年代の高崎機関区所属のEF65 536542号機がプロトタイプ。

一般形改造編入車両の特徴である前面のナンバーが狭い間隔で並んでいる形態を再現。

列車無線アンテナ搭載。付属のGPSアンテナはお好みで取付可能。

青色とクリーム色で構成された、特急色を美しく再現。側面のJRマークを再現。

PS17Cパンタグラフを採用し、屋根上ディテールと精悍な車体を的確に再現。

運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)

車体表記を印刷でリアルに再現。

フライホイール搭載動力ユニット採用により、安定した走行が可能。

アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属。

ヘッドライト点灯(電球色LED採用)

選択式ナンバープレート「536」「537」「539」「540

選択式メーカーズプレート:「東洋電機+汽車会社」「川崎車輛+川崎電機」

 

EF65 500番台 P形特急色

ブルートレインなど旅客列車牽引用のEF65 500番台 P(旅客用:Passenger)

国鉄時代・昭和40(1965)に東京機関区に新製配備された501512号機の昭和50年頃をプロトタイプに模型化。14系寝台特急〈さくら〉やブルートレインの元祖20系を牽引してお楽しみください。

意外と短い車体長をリアルに再現

ヘッドライト点灯

フライホイール搭載動力ユニット採用により、パワフルかつスムースな走行性能を発揮。

PS17Cパンタグラフを採用し、屋根上ディテールと精悍な車体を的確に模型化。

運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)

メーカーズプレートや車体表記を印刷でリアルに再現。

アーノルドカプラー(選択式KATOナックルカプラー付属)

マグネットによるヘッドマークの着脱を実現した、クイックヘッドマークを採用。(あさかぜ、富士)

選択式ナンバープレートを採用(501503505506号機)

電球色LEDの採用により、リアルなヘッドライトの色調を再現。

EF65 500番台 F形特急色

高速貨物列車牽引用のEF65 500番台 F(貨物用:Freight)

国鉄時代・昭和50(1975)頃の米原機関区に配備されたEF65 500番台 F形をプロトタイプに模型化。ツララ切りや、復心装置カバーを備えた前面が特徴です。

意外と短い車体長をリアルに再現

ヘッドライト点灯

フライホイール搭載動力ユニット採用により、パワフルかつスムースな走行性能を発揮。

PS17Cパンタグラフを採用し、屋根上ディテールと精悍な車体を的確に模型化。

運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)

メーカーズプレートや車体表記を印刷でリアルに再現。

アーノルドカプラー(選択式KATOナックルカプラー付属)

内ばめ式のテールライト、ワイパー部分が半円に空いた特徴あるツララ切り、ホイッスルカバー、中央部分が張り出した解放テコ、ジャンパ栓台座をボディに表現、ジャンパ栓はエンドによる位置の違いを表現、復心装置カバー、車上子保護板。

選択式ナンバープレートを採用(519520521526号機)

選択式メーカーズプレートを採用(川崎、東芝、東洋電機/汽車会社)

Customer Reviews


{{'product.product_review.no_review' | translate}}

Related Products